コロナに関する情報ーまとめ

新聞や会見、ネット上で得たコロナに関する情報をかいつまんで載せています。
上から福井県、国内、国外の順です。

世界の感染者数と県別の感染率

12/7の状況です。

感染者数

国内感染者数 2558万372人(+148,792)
国内死者数 51,102人(+235)
国内重症者数 346人(-15)
世界感染者数 6億4661万2967人
世界死者数 664万5326人

(※国内7日21時時点、世界7日20時時点)

ジョンズ・ポプキンズ大学のサイトはこちら

 

県別人口10万人あたりの感染率

発生取り下げは追いかけ切れないので加味していません。

直近1週間の感染者人口10万人あたりの感染者数

コロナに関する情報など

<2022.12.8>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,501人、富山県で1,616人、岐阜県で2,764人、滋賀県で1,845人、京都府で2,476人の感染が確認されました。
  • 厚生労働省は7日、「第7波」での自宅での死者が、全国で少なくとも776人いたと明らかにしました。80代以上が半数以上を占め、「第6波」の555人を上回りました。
  • オミクロン株派生型「BQ・1」に対し、国内外で使われてきた4種類の抗体薬は効果が期待できないとの実験結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授らのチームが7日付の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表しました。一方、「レムデシビル」と「モルヌピラビル」「パキロビッド」は、ウイルスの増殖を抑える効果があったとの事です。

  • 中国政府はコロナに感染した人を病院や隔離施設に移す措置を見直し、無症状の人は自宅での隔離を認めるなどと発表しました。ゼロコロナ政策に反発する抗議活動が各地で相次ぎ対策の緩和が続いていますが、感染者数の高止まりも続き、感染拡大への懸念も出ています。

<2022.12.7>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,678人、富山県で1,806人、岐阜県で3,596人、滋賀県で1,613人、京都府で2,299人の感染が確認されました。
  • 最近の新規感染者数は東日本での増加が目立つ「東高西低」が際立っています。第8波とインフルエンザの同時流行も懸念され、北海道や東北地方の自治体は警戒を強めています。

  • 中国でゼロコロナ政策に対する抗議活動が相次ぎ、各地で厳しい感染対策を見直す動きが広がっています。北京や上海では6日から対策がさらに緩和され、商業施設などに入る時の陰性証明の提示が不要になりました。一方で感染者数は高止まりしていて今後も緩和が進むか注目されます。

<2022.12.6>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で409人、富山県で277人、岐阜県で850人、滋賀県で315人、京都府で455人の感染が確認されました。
  • オミクロン株に対応したワクチンの接種を受けた人の数は国内で2681万人余り、割合は21.3%となりました。このうち65歳以上の高齢者は1152万6480人で接種率は32.1%でした。
  • コロナとインフルエンザの感染の有無を同時に検査できる検査キットについて、厚生労働省は5日、富士レビオの製品を一般用医薬品として承認しました。薬局やインターネットで販売が可能となりますが、国内で同時検査キットがOTCとして承認されたのは初めてです。
  • 厚生労働省は、コロナ禍などで生活が苦しくなった世帯に対する、家計の収支改善に向けた支援を主要な自治体の義務とする方針を固めました。「特例貸付」の利用者らを対象とします。物価の高騰が続く中、家計簿の作成など継続的な支援が必要と判断したもので、来年の通常国会で生活困窮者自立支援法の改正を目指します。

<2022.12.5>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で736人、富山県で916人、岐阜県で1,552人、滋賀県で1,063人、京都府で1,540人の感染が確認されました。
  • 「第7波」で感染した40歳以上の亡くなった人の割合は、「第6波」のピーク時の半分以下に下がっていたことが分かりました。ワクチンの追加接種の効果が大きいとしていて、今後の対策を考えるうえで参考にしてほしいとしています。
  • 「第7波」で東京都内の高齢者施設に入所中に感染し、施設側が入院を要請した人のうち66%は受け入れ先が見つからなかったことが分かりました。入院調整中に計17人が死くなり、外部医師の往診を利用した施設は14%に留まりました。

<2022.12.4>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,146人、富山県で1,033人、岐阜県で人、滋賀県で1,067人、京都府で1,606人の感染が確認されました。
  • 厚生労働省のコロナ感染症対策アドバイザリーボードにおいて、日本における抗体陽性率の調査結果が報告されました。日本に住む約4人に1人、沖縄県の約2人に1人はすでに新型コロナに感染しているということになります。調査は今年11月に日本赤十字社で献血した16歳〜69歳の8260名を対象に、N抗体という抗体の測定で行われました。感染しても診断されていない人が数百万人はいると推定されます。

  • 世界保健機関テドロス事務局長は2日、世界人口の少なくとも90%は感染やワクチン接種によりコロナに対してある程度の免疫を獲得していると推定されるが、懸念される変異株が新たに出現する余地はまだ残っていると警告しました。

<2022.12.3>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,091人、富山県で1,189人、岐阜県で2,090人、滋賀県で1,109人、京都府で1,719人の感染が確認されました。
  • コロナの新規感染者数の1週間平均が、全国では1.27倍と7週連続で増加傾向が続き、増加のペースもほとんどの地域で前の週を上回っています。
  • コロナとインフルエンザの同時流行に備え、厚生労働省は国のピーク時の想定を上回る一日最大90万人の患者を診療できる体制が整ったと公表しました。重症化リスクの高い人が受診する発熱外来などが87万人、電話やオンライン診療が2万3000人でした。

<2022.12.2>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,213人、富山県で1,190人、岐阜県で2,339人、滋賀県で1,285人、京都府で1,799人の感染が確認されました。
  • コロナの国内死者数の累計が1日、5万人を超えました。第6波、夏の第7波で感染者が大きく増えたことが要因とみられ、今年だけで3万人以上の死者が出ていて、60代以上が死者の約95%を占めています。
  • コロナとインフルエンザの感染の有無を同時に調べることができる抗原検査キットについて、厚生労働省は薬局などで販売する際に薬剤師による説明を義務づけることを決めました。
  • 東京都はコロナの専用病床の使用率が40.3%と増え、救急搬送が困難なケースが増えていることなどから、医療提供体制の警戒レベルを1段引き上げました。
  • 愛知県の集団接種会場で、コロナワクチンの接種を受けた女性の体調が急変し死亡したことを受けて、愛知県の大規模集団接種会場でアナフィラキシーが起きた場合を想定した応急対応などの訓練が行われました。
  • 神奈川県相模原市は1日、5~9歳の男児1人の死亡を発表しました。男児は11/13に発熱し、翌14日に呼吸の状態が悪化して市内の病院を受診も病院で死亡しました。死因はコロナで神経筋疾患があったとの事です。

  • 中国でコロナ政策を担当する副首相は11/30の会議で、感染対策と経済活動を両立する必要性を強調する一方、これまで繰り返し強調してきた「ゼロコロナ」政策の継続について言及しませんでした。国民の不満を和らげるため、今後政策を見直すというという見方も出ています。

<2022.12.1>


  • 福井県の隣接県では昨日、石川県で1,362人、富山県で1,584人、岐阜県で2,442人、滋賀県で1,494人、京都府で2,044人の感染が確認されました。
  • コロナの感染症法上の扱いをめぐり日本医師会の釜萢常任理事は、見直しの議論に理解を示したうえで、関係者の間で合意を形成して判断するのが望ましいという考えを示しました。
  • 厚生労働省にコロナ対策を助言する専門家組織は30日、コロナの法的位置付けの見直しに向けた議論を始めました。致死率の低下などが指摘されており、季節性インフルエンザと同じ5類への引き下げも視野に入れます。
  • 国立感染症研究所はオミクロン株派生型「BA・5」からさらに枝分かれした「BQ・1」の割合が週内に28%に達するとの推計を提出しました。

2022年11月の情報はこちら

2022年10月の情報はこちら

2022年9月の情報はこちら

2022年8月の情報はこちら

2022年7月の情報はこちら

2022年6月の情報はこちら

2022年5月の情報はこちら

2022年4月の情報はこちら

2022年3月の情報はこちら

2022年2月の情報はこちら

⇒2022年1月の情報はこちら

2021年12月の情報はこちら

2021年11月の情報はこちら

2021年10月の情報はこちら

2021年9月の情報はこちら

2021年8月の情報はこちら

2021年7月の情報はこちら

2021年6月の情報はこちら

2021年5月の情報はこちら

2021年4月の情報はこちら

2021年3月の情報はこちら

2021年2月の情報はこちら

2021年1月の情報はこちら

2020年12月の情報はこちら

2020年11月の情報はこちら

2020年10月の情報はこちら

2020年9月の情報はこちら

2020年8月の情報はこちら

2020年7月の情報はこちら

2020年6月の情報はこちら

2020年5月の情報はこちら

2020年4月分の情報はこちら

 

情報は出来るだけ正確に載せる様にしておりますが、人数が増えてきたため管理が行きとどかない面があるかもしれません。ご了承ください。
間違いを指摘して下さった方々、励ましのお声を下さった方々、ご連絡ありがとうございます!余裕がなくてお返事出来なくて申し訳ありませんが、全て目を通しております。
今後も皆様の意見は出来るだけ迅速に取り入れて修正して参りますので、よろしくお願いします。

 

新型コロナウイルス-福井県内まとめ福井県内の新型コロナウイルスのまとめページです。 症状がない人でも受けられる無料検査を実施中 期間:1/4~12/28 ...