新型コロナウイルス

コロナ・インフルのW流行に備えて、県内の医師向けの研修会を開催

インフルエンザの流行期を前に、県と県医師会が22日、医療機関に対してコロナとインフルエンザの同時流行に備えた研修会を開きました。

既に9月の彼岸を過ぎ、来月からは高齢者や基礎疾患がある方を対象にインフルエンザの早期接種も始まる中、県内の医療機関でも同時流行の備えが進んでいます。

研修会は県内2か所で開催

22日、県と県医師会は、福井市の県生活学習館(ユー・アイふくい)と、敦賀市のサンピア敦賀の2か所で、医療機関に対してコロナとインフルエンザの同時流行に備えた研修会を開きました。

県生活学習館には243機関248人が、サンピア敦賀には45機関49人が参加し、合計288機関297人が参加しました。

県医師会には530機関が登録していて、小児科と内科医の大半が出席したそうです。

県が目標にしている協力医療機関の数は150なので、この目標の倍近くの医療機関が研修を受けました。

研修は非公開で、検体採取の方法や院内感染対策、協力検査機関の契約方法などについての説明があったそうです。

検査協力医療機関に登録するには?

現在、コロナの検査は専門の検査機関で行っていますが、この検査を地域の医療機関にも広げる事で、より幅広く検査を行い少しでも流行を抑えたい考えです。

検査を行う協力機関になるには、県医師会を通じて県や市と行政検査に関する集合契約を結ぶ必要があり、第一回目の締切は9/28、最終締め切りは10/28です。

検査協力医療機関は9~10月中に契約を締結して体制整備に入り、11月上旬からは新しい検査体制に移行する予定です。

検査協力機関に対しては、国から診療体制を確保した時間に応じて補助金が出て、防護服など必要な医療物資も支給されます。

検査方法は、ドライブスルー方式や野外テント式、同施設内での時間分離式などが挙げられています。

県は検査協力医療機関との契約により、12月までにPCR検査を1日で最大768件に増やす方針です。

民間医療機関での抗原検査も2200件余/日を目標としていて、合計で3000件/日の検査数を目指しています。

一般患者と発熱した患者を分離するのが難しかったり、職員の反対があったりで、医療機関によっては対応が難しいところもあるため、今後実際に検査医療機関として契約する件数がどのくらいになるかは不明です。

なお、検査協力医療機関の名称は非公開との事です。

  • 検査協力機関は県医師会を通じて県・市と行政検査による集合契約を結ぶ
  • 1回目の締切は9/28、最終締め切りは10/28
  • 11月上旬には新しい検査体制に入る予定
  • 検査協力医療機関には補助金や医療物資の提供がある
  • 検査方式は、ドライブスルー方式や野外テント式、時間分離式など
  • 施設的な問題や職員の同意、感染対策など難しい問題もある
  • 検査協力医療機関の名称は非公開
  • 12月までにPCR・抗原検査件数を3000件/日を予定

もし発熱した場合、どうすればいい?

今後、W流行期に私達が発熱した時、どう行動すればいいでしょうか?

かかりつけ医がいる場合は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

検査が可能であれば医師の指示に従い、受診して検体採取をする事になります。

また、かかりつけ医が協力検査機関ではない場合やかかりつけ医をもたない場合は、帰国者・接触者相談総合センターに連絡し、近くの検査可能な医療機関を紹介して貰う事になります。

コロナの検査費用は公費で無料ですが、インフルエンザの検査料や初診料等はかかるのでご注意ください(2千円強くらい?)

かかりつけ医がいる場合

  • まず電話で相談
  • 検査可能⇒医師の指示に従い受診、検体採取(PCR/抗原検査)
  • 検査不可⇒帰国者・接触者相談総合センターに連絡し、近くの医療機関を紹介して貰う※
かかりつけ医がいない場合

  • 帰国者・接触者相談総合センターに連絡し、近くの医療機関を紹介して貰う

※かかりつけ医から紹介を受けられるかどうかは現時点では不明です

◆発熱がある場合は、必ず事前に電話で相談し、それから受診しましょう◆

  • 「帰国者・接触者相談総合センター」
  • 電話番号:0776-20-0795
  • 対応時間:7時~21時
    ・土日祝日も対応
    ※時間外は携帯電話へ案内
  • 業務内容
    ・病状・症状に関する相談
    ・新型コロナウイルスに関する一般的な相談
    ・検査予約調整

 

今秋は、コロナウイルスが発生してから初めてのインフルエンザ流行期になります。

コロナはインフルエンザと症状は似ているため見分けにくく、同時に感染する可能性も否定できません。
また、体内のウイルスの量によっては1度の検査では陽性にならない場合もあります。

どちらも、感染しないに越した事はありません。

マスク着用や手洗い、手指の消毒や3密回避など、基本的な感染予防策を徹底して、どちらにも感染しないように注意して過ごしましょう。

 

 

新型コロナウイルス-福井県内まとめ福井県内の新型コロナウイルスのまとめページです。 感染者数と感染者の状況 福井県の1月20日現在の感染者は下記の通りです。(...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA