新型コロナウイルスについて

敦賀市役所で接触アプリ「COCOA」の通知が大量発生。職員57人が自宅待機とPCR検査

敦賀市役所の複数の職員に対して、お盆明けから新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」からの通知が続出しました。

情報がある程度出てきましたので、昨日の会見の情報等もふまえてまとめてみました。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」とは?

このアプリの特徴はこちらです。

  • 陽性者と1m以内、15分以上の接触をスマホ内に記録
  • いつ、だれと、どこで接触したかは不明
  • 名前や電話番号などの個人情報、GPSなどの位置情報は使わず記録もしない
  • 接触の記録は暗号化されスマホの中にのみ記録
  • 14日後に自動的に削除
  • 行政機関や第三者が暗号化した情報を利用する等はなし
  • いつでも止められる
  • Bluetoothは有効にする必要がある
  • 8/19の時点でダウンロード数は1390万件で、陽性登録者は311人

詳細は過去記事をご覧ください↓

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を入れてみました国が作成した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」 今日15時にリリースとの事でしたので、早速インストールしてみました。 ...

スマホが陽性者を感知して、陽性者と接触があると通知が入ります(なくてもないと通知あり)

このCOCOAの通知が、お盆明けから敦賀市役所の職員に大量に届いています。

敦賀市役所で起きた大量通知

今回の大量通知が発覚したのは、24日です。

24日の判明したのは24人で、全員が24日にPCR検査を受け、25日には陰性と確認されています。

また、上記を受けて市が調査したところ、25日には新たに33人が通知を受けていたと判明し、即日検体採取を行い、今日にも結果が出る予定です。

昨日までに合計57人が通知を受け、全員が自宅待機となりました。

日時 状況
8/12 21人(+後で判明した33人のうちの大半)が陽性者と接触があったとされる
8/19~8/20 1人に接触があったとされる
8/22 2人に接触があったとされる
8/23 職員11人にアプリから通知がある
8/24 ・新たに13人への通知が判明
・24人をPCR検査に
・午後、更に33人が通知を受けたと判明
8/25 ・24人の陰性を確認
・24日午後に判明した33人をPCR検査に
・陰性だった24人は業務に復帰

8/12(水)に接触があったとされる人が大半でした。

敦賀市の調査では、23日に通知があった13人は、殆どがアンドロイド携帯でした。

同じ日に通知を受けているiPhone利用者は、アプリを立ち上げて確認しないとわからない状態になっていたとの事です。

機種によって通知の仕方が違った事から、県と市は厚労省に報告して善処をお願いしています。

職員の所属部署は、23日に判明した人は市庁舎内の10課と出先の1機関、24日に判明した人は市庁舎内の7課と出先の1機関です。

市の調査では、対象の職員は担当も席もバラバラで、共通する行動も今の時点では確認されていないとの事です。また、今のところ体調不良を訴えている人はいません。

このアプリは1m以内に15分以上接触していないと通知が来ませんが、様々な部署で57人と半径1m以内で15分以上接触するのは実質的に難しく、市職員も「あまりにも数が多すぎる」と首をひねっているそうです。

市は庁舎の消毒作業を徹底的に行った上で業務を続け、念のため通知があった職員を自宅待機にして、PCR検査を進めています。

検査で陰性だった職員に対しては、接触した日から潜伏期間といわれる2週間を経過しているのもあり、25日から業務に復帰しています。

市と県は厚生労働省に報告

この件を受けて、敦賀市と福井県は厚生労働省に報告しました。

同省からは、下記のような回答があったそうです。

  • 現状ではアプリの誤作動ではない
  • 通知があった人には検査をすべき
  • アプリの仕様上、誰が通知の原因になったかは同省(や保健所)でもわからない
  • 保健所が発行する陽性者番号でもわからない

厄介なのは、個人情報を利用しない為、後で誤作動かどうか検証するのが難しい点です。

同省のアプリ担当者は、「県を通じて(敦賀市の事例を)把握しており、県などと状況を確認していく」との事です。

敦賀市は県を通じて同省に、通知の検証を求めています。

 

まとめ
  • 通知があったのは8/23に24人、8/24午後までに33人で全員が敦賀市職員
  • 全員を自宅待機にしてPCR検査へ(厚労省から検査すべきと回答)
  • 先に判明した24人は全員陰性
  • 残り33人は25日に結果が出る予定
  • 23日の24人のほとんどがプッシュ通知で通知され、アンドロイド携帯
  • 同じ日に通知を受けているiPhoneの人は、アプリを立ち上げて自分で確認しないとわからない状態になっていた
  • 24日午後、iPhoneを立ち上げないとわからなかった人が新たに33人判明
  • ↑から察するに、機種によって通知の仕方が違う
  • 57人の担当や席はバラバラで、共通の行動も確認されていない
  • 敦賀市は職員や来庁者の行動歴などを調査中
  • 福井県内でアプリを使用して陽性になっている人は1人だが、この人は敦賀市に通知が行くような行動はとっていない
  • ↑から、県外の陽性者ではないかと推測される
  • 8/12に接触したとされる人で陰性だった人は、2週間経過している事から25日から業務再開
  • アプリの仕様上、検証は難しい

追記

福井新聞によりますと、昨日PCR検査を受けた33人は全員陰性で、新たに2人に通知が行っていた事が確認されたとの事です。

これで通知があった人は59人になりました。

 

 

新型コロナウイルス-福井県内まとめ福井県内の新型コロナウイルスのまとめページです。 感染者数と感染者の状況 28日、新たな感染者は確認されませんでした。 感染者の状...
集客はコロナで一変!これからはWebへ

ふくい情報かわら版では世界シェア30%超のワードプレスを利用して情報提供をさせていただいております。
ふくい情報かわら版の管理人の奈菜世様からの依頼で管理と運営を担当するさなぎ堂では今まで培った経験を基にサイト作成からサイトリニューアルまでをご提供しています。

【さなぎ堂】のさなぎの意味は蝶をイメージして名付けています。
完全に変化する完全変態の虫で蛹(さなぎ)となってガラッと姿を変えるシンデレラタイプの虫で、サイトで言えば今あるサイトの情報を整理して作り変えることで検索順位とGoogleMapsなどのSEOに効果があり閲覧者がアクションを起こすサイトに変化します。

口コミは対面からスマホへ

さなぎ堂の経験ではインターネットの台頭によりこのように世の中が変化していることを日々実感させられています。

  • 「口コミ」の主流は人からスマホへ
  • 「調べる」は「聞く」から「検索」へ
  • 「調べる」はスマホが主流。だからサイトが必須

この時代についていくためのサイトの準備はさなぎ堂にお任せください。

集客はプロ。でも価格は1/2。
SEOに自信ありますのでサイト集客はプロです。
でも夫婦2人で運営していますのでコストは法人に比べれば1/2(50%OFF)で提供可能です。

そのような理由でサイト作成とサイトリニューアルの料金設定もさせていただいていますのでまずはお問い合わせお願いします。
サイトの無料相談も予約専用サイトを用意してありますのでお気軽にご連絡ください。

Webサイトのチカラで一緒に厳しい時代を乗り切る!

さなぎ堂さなぎ堂店主はこんな人


行動はココからスタート
今すぐ問い合わせる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA