事件・事故

音楽教室での演奏にも「著作権料の徴収権」認める!

音楽教室での演奏に作権使用料の徴収権がないことの確認を求めた裁判に判決が下りました。

裁判所は、音楽教室で教師や生徒が管理楽曲を演奏することについて、著作権使用料を徴収する方針を示し、音楽教室側の請求を棄却しました。

裁判への流れは?

この裁判は、日本音楽著作権協会(通称JASRAC)が、2003年度から音楽教室に対して使用料の支払いを求めていました。

しかし、音楽教室側は反発して話し合いはまとまらず、2017年にJASRACが使用料を徴収する方針を打ち出していたものです。

これに反発した音楽教室側が「音楽教育を守る会」を立ち上げて、2017年6月に訴訟を起こし、2017年7月には55万人分の徴収に反対する署名を文化庁に提出していました。
訴訟に参加していたのは全国約250の個人・企業・団体です。

原告側は、音楽教室で教師や生徒が演奏することは、

  • 「公衆」に対する演奏ではない
  • コンサートやライブのように「聞かせることを目的」としていない

上記の理由から、著作権法の「演奏権」が及ばないと主張していました。

使用料はどれくらい?

ちなみに使用料は、年間受講料総額の2.5%。
総額なので一概には言えませんが、仮に月5000円のレッスン料の場合、125円程になりますね。

訴訟に参加しなかった音楽教室に対しては、既に徴収が始まっているそうです。

訴訟の判決は、JASRAC側の勝訴

今日の判決では、裁判所は教師や生徒が管理楽曲を演奏することに対して、著作権使用料を徴収する方針を示しました。

今後、音楽教室側がどう動くのかが注目されます。

 

個人的には私も音楽教室に通っていたので、気になるこのニュース。

先生から聞いた話では、先生は個人事業主扱いで、保険も年金もなく、もちろん産休育休もなし。
保証がないので、仕事としてはブラックだなぁと思っていました。
そんな中、この使用料の徴収なので、先生方にしわ寄せが行かなければいいんだけどなぁ、と…

今後の動きも引き続き注目したいと思います。

集客はコロナで一変!これからはWebへ

ふくい情報かわら版では世界シェア30%超のワードプレスを利用して情報提供をさせていただいております。
ふくい情報かわら版の管理人の奈菜世様からの依頼で管理と運営を担当するさなぎ堂では今まで培った経験を基にサイト作成からサイトリニューアルまでをご提供しています。

【さなぎ堂】のさなぎの意味は蝶をイメージして名付けています。
完全に変化する完全変態の虫で蛹(さなぎ)となってガラッと姿を変えるシンデレラタイプの虫で、サイトで言えば今あるサイトの情報を整理して作り変えることで検索順位とGoogleMapsなどのSEOに効果があり閲覧者がアクションを起こすサイトに変化します。

口コミは対面からスマホへ

さなぎ堂の経験ではインターネットの台頭によりこのように世の中が変化していることを日々実感させられています。

  • 「口コミ」の主流は人からスマホへ
  • 「調べる」は「聞く」から「検索」へ
  • 「調べる」はスマホが主流。だからサイトが必須

この時代についていくためのサイトの準備はさなぎ堂にお任せください。

集客はプロ。でも価格は1/2。
SEOに自信ありますのでサイト集客はプロです。
でも夫婦2人で運営していますのでコストは法人に比べれば1/2(50%OFF)で提供可能です。

そのような理由でサイト作成とサイトリニューアルの料金設定もさせていただいていますのでまずはお問い合わせお願いします。
サイトの無料相談も予約専用サイトを用意してありますのでお気軽にご連絡ください。

Webサイトのチカラで一緒に厳しい時代を乗り切る!

さなぎ堂さなぎ堂店主はこんな人


行動はココからスタート
今すぐ問い合わせる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA