新型コロナウイルス

【福井コロナ】過去最多38人の感染を受け福井県独自の緊急事態宣言を発出。会議の内容をまとめました。

今日、過去最多の38人の感染者が出た事を受けて、県のコロナ対策本部会議を開きました。
そこで県は、福井県独自の緊急事態宣言を発令すると発表しました。
会議の内容をざっくりまとめました。

対策本部会議の概要

今日の対策本部の概要です。

県の資料はこちらのページから

県独自の緊急事態宣言を発出

県は22日、感染者急増と病床圧迫を受け、県独自の緊急事態宣言を発出しました。
期間は今日4月22日から5月13日までの3週間です。

今日の時点での感染者上状況は下記のとおりです。

感染状況

  • 今日、過去最多の38人の感染者が確認された⇒今日の感染者の詳細はこちら
  • 直近1週間の新規感染者数が133人と過去最多⇒指標では緊急事態レベルに
  • 使用病床は168床で過去最多(使用率63.4%)⇒指標では緊急事態レベル
  • 重症者病床は1床(4.2%)で注意報以下
  • 使用病床数が上昇しており、現在下がる見込みが立っていない
    ・感染の抑制がかなり強力に必要
  • 県独自の緊急事態宣言をを発出
  • わかっている系統全てが県外由来
    ・まだ分からない物もある
  • 県外との往来による感染を抑制する必要がある
  • 1月までは施設や病院、家族間の感染が主
  • 3月以降は職場や家族、学校での感染の広がりが大きく特徴として出始めている
  • 年代別では若い世代が増加
    ・4月は小学校の29人を差し引いても10~40代に一期にシフトしている
    ・10~40代の割合が、1月は41.5%だったが、4月は71.1%に急増
    ・出来るだけ社会生活活動を維持しつつ、活動の活発な世代の感染対策を徹底、感染拡大を防止に繋げる事が必要

県民へのお願い

  • 家庭内においても「おはなしはマスク」の徹底をお願い(強化)
    ・県外と往来した家族がいる場合、家庭内でもマスク着用(2週間)
  • 県をまたぐ移動は慎重に判断(強化)
    ・GWの帰省を含めて、全都道府県との不要不急の往来を控える
  • 職場内でのマスク着用を徹底
    ・昼食時、休憩時を含めてマスク着用を改めて徹底
  • 迷わず医療機関へ
    ・発症までの期間が非常に短い(2.8日)
    ・1日の遅れが多くの感染を生む
    ・躊躇なく医療機関を受診
  • 保健所の調査に協力
    ・1つの隠し事や躊躇が多くの感染を生む

 

県の対策

  • 国のクラスター対策班の派遣要請
    ・厚労省とクラスター対策班の派遣について調整中
    ・昨年4月以来
    ・一両日中に福井県入りの方向
  • 新型コロナ対応病床の確保・運用(昨日発表)
    ・本日、19時から病院長会議を緊急開催
    ・コロナ対応病床の追加確保
    ・入退院・宿泊療養施設の運用方法を協議
  • 消費喚起事業の対応
    ・ふくいdeお得キャンペーンは受付中止を継続
    ・4/29までに受付たキャンセル料は無料化(23日までとしていたものを延長)
    ・キャンセル料は県が補てん
    ・Go To イートは購入済みの食事券の利用は可能
    ・可能な限りデリバリーやテイクアウトを推奨
    ・登録店に対しマスク会食への取り国を徹底
  • 聖火リレーの対応
    ・5/29~5/30は、福井県緊急事態宣言の期間外
    ・現段階では通常通り講堂で開催出来る様、準備を進める
    ・23日の県実行委員会で、聖火リレーの実施と感染対策の充実(自宅等でライブ中継を視聴し応援するよう呼びかけ、沿道スタッフを増員するなど)について決定し、東京2020組織委員会に報告
    ・実施の最終判断は5/14ごろの感染状況を踏まええて、県実行委員会と東京2020組織委員会と協議
  • 駅前恐竜モニュメントのライトアップ休止

 

学校における感染防止対策

  • マスクの着用、こまめな手洗い、3密の回避を再度徹底
  • 「『おはなしはマスク』いつでも どこでも だれとでも」を徹底
  • 各学校や各地域の感染者の発生状況に応じ、感染リスクのある学習活動等の年度内における実施時期の変更を検討
    ・屋内で密集して行う体育や合唱。リコーダー演奏等の時期を見直し
  • 部活動による遠征や学校行事について、県外への訪問は控える・
    ・他県からの招待も控える

 

今後感染拡大が続いた場合の対応策

県民に対して

  • 夜間20時以降の外出自粛
  • 不要不急の外出自粛
  • 会食の自粛
  • Go To イートお食事店の利用抑制
  • ふくいdeお泊まりキャンペーンの割引停止

事業者に対して

  • 飲食店への時短要請
  • カラオケ店の利用停止
  • 感染状況やステッカー掲示状況に応じた休業要請(生活必需品を除く)
  • イベント開催自粛
  • 職場への出勤をできるだけ回避

学校等

  • クラブ活動などにおける感染予防徹底
  • 生活圏での感染があれば休校も検討

 

医師会池端会長より

  • 急激に感染者が増えていて医師会も憂慮している
  • 緊急事態宣言に対して敬意を表し、県医師会も全面的に協力
  • 最近は変異株による若年者への感染が急速に広がっていて憂慮している
  • 原則入院を貫きたいがかなり厳しくなっている
  • 今日夜、知事も含めて病院長会議を緊急に行う
  • 入院体制の拡大などについて話し合う
  • 日に日に患者が増えているが、これまで貫いていた感染者の原則入院を一時的に見直し、入退院の基準を見直す事も考えている
  • 今夜議論して方向性を決めたい
  • 今が勝負のところなので全面的に協力していきたい
  • ワクチン接種について、この感染状況でも滞ってはいけない
  • コロナ受入れの基幹病院の先生方の負担を減らすため、県医師会の協力をお願いして接種はスムーズに実施していきたい
  • 明日3時から、緊急事態宣言を受けて医師会の緊急会見を開きたい

 

知事より

  • 県独自の緊急事態宣言を発出
  • 家庭内でもおはなしはマスクの徹底
  • 帰省についても自粛をお願いしたい
  • 職場内の感染が広がっている
    ・マスクなしの会議や朝礼などを行っている
    ・これらからの事例も起きている
  • 飲食店中心に感染が広がっているが、見えない感染が広がっている訳ではない
  • 今後飲食店が感染源とみられる場合は抑制していかなければならない
  • 全国の状況を見ると厳しい措置を取らざるを得ない事も出てくる

 

 

⇒対策本部会議の動画はこちら↓

 

※聞き取った内容を載せているため、内容が前後した李分かりにくい部分があります。また、聞き取りにくい部分もあるため、内容に間違いがある可能性もあります。あらかじめご了承ください。

 

↓新しい情報をすぐに読みたい方はPush通知をご利用ください(無料)

 

新型コロナウイルス-福井県内まとめ福井県内の新型コロナウイルスのまとめページです 感染者数と感染者の状況 18日、新たに12人の感染を確認⇒詳細はこちら 感...
集客はコロナで一変!これからはWebへ

ふくい情報かわら版では世界シェア30%超のワードプレスを利用して情報提供をさせていただいております。
ふくい情報かわら版の管理人の奈菜世様からの依頼で管理と運営を担当するさなぎ堂では今まで培った経験を基にサイト作成からサイトリニューアルまでをご提供しています。

【さなぎ堂】のさなぎの意味は蝶をイメージして名付けています。
完全に変化する完全変態の虫で蛹(さなぎ)となってガラッと姿を変えるシンデレラタイプの虫で、サイトで言えば今あるサイトの情報を整理して作り変えることで検索順位とGoogleMapsなどのSEOに効果があり閲覧者がアクションを起こすサイトに変化します。

口コミは対面からスマホへ

さなぎ堂の経験ではインターネットの台頭によりこのように世の中が変化していることを日々実感させられています。

  • 「口コミ」の主流は人からスマホへ
  • 「調べる」は「聞く」から「検索」へ
  • 「調べる」はスマホが主流。だからサイトが必須

この時代についていくためのサイトの準備はさなぎ堂にお任せください。

集客はプロ。でも価格は1/2。
SEOに自信ありますのでサイト集客はプロです。
でも夫婦2人で運営していますのでコストは法人に比べれば1/2(50%OFF)で提供可能です。

そのような理由でサイト作成とサイトリニューアルの料金設定もさせていただいていますのでまずはお問い合わせお願いします。
サイトの無料相談も予約専用サイトを用意してありますのでお気軽にご連絡ください。

Webサイトのチカラで一緒に厳しい時代を乗り切る!

さなぎ堂さなぎ堂店主はこんな人


行動はココからスタート
今すぐ問い合わせる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA