新型コロナウイルス

県医師会が「医療提供体制緊急事態宣言」!感染率ワースト1位を危惧!

新型コロナウイルスの感染が止まらない福井県。

週末頃からは、人口10万人辺りの感染者数が東京を抜いて全国ワースト1位になっています。

下は昨日の午後2時半現在の感染率です。

順位 自治体 感染者数 人口(万人) 10万人あたり
1 福井県 59 77 7.66
2 東京都 1033 1395 7.41
3 京都府 125 258 4.84
4 高知県 33 69 4.78
5 大阪府 408 880 4.63

↑の図のように、福井県は現在、突出して高い感染率になっています。

この様な状況から、福井県医師会は「医療提供体制緊急事態宣言」を出しました。

「医療提供体制緊急事態宣言」は下記の通りです。

 福井県医師会は6日、県内で新型コロナウイルス感染者が急増していることから「医療提供体制緊急事態宣言」を出した。福井県での感染者は約2週間で60人に迫り、人口10万人当たりの感染者数は東京都に匹敵するほど多くなっている。

県医師会は「既に病床が不足しつつあり、一般診療にまで大きな支障を来しかねない緊迫した状況にある」と指摘。医療崩壊を防ぐため、行政の積極的な支援を求めるとともに、感染のリスクが高いとされる飲食店での会食を避けるなど、対策を徹底するよう訴えている。

6日、福井市内で記者会見した県医師会の池端幸彦会長は「県人口が少ないために数字が目立っていないが、感染拡大のペースをみると国の緊急事態宣言に準ずる対応が必要だ」と述べた。

日経WESTより

福井県は現在、48床の感染症病床を持ち、更に22床増床を行い、70病床を確保していますが、既に43人が入院しています。

5日、全国で初めて軽症者や無症状、陰性確認の6人が、宿泊施設「少年自然の家」に移動しました。

今後は軽症者は施設で健康観察になるので、病床には余裕が出来、また昨日、福井大学病院(福井医科大)も数十人の受け入れ態勢を整えました。

福井県医師会は6日、県内の医療提供体制に対して「緊急事態宣言」を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを踏まえ、福井大学病院が感染者の受け入れを始めた。感染症指定医療機関の病床が不足しつつあることを受けた措置。福井大病院が数十人規模の受け入れ体制を整えたほか、ほかの民間医療機関が一般診療を積極的に受け持つなど、状況に応じて対応する。

日本経済新聞より

感染拡大が続くため、今後も病床の確保を進めていく予定ですが、重症者を受け入れる集中治療室の数は簡単に増やせないため、今後は県民一人一人が感染しない事が重要です。

県医師会は、福井県は感染率から言うと非常事態宣言が出てもおかしくないレベルです。

以前も紹介しましたが、上の図は感染者数と人工呼吸器の数を表したものです。

赤い線が人工呼吸器の数で、感染者がどれほど増えても使える人工呼吸器の数には限りがあります。

感染者が爆発的に増えると、救えない感染者が増え、何も出来ないまま死なせてしまう事になります。

また、感染者が増えれば、医療従事者も感染するリスクが増します。

既に福井県内でも濃厚接触者がいるとして、休診している病院が出ていますし、仮に医師や看護師が感染すれば、病院ごと閉鎖しなくてはいけない事態になります。

仮に今、県立や日赤などの大きな病院で院内感染が起きると、病院そのものが閉鎖となり、コロナの患者だけでなく、他の病気の患者さんまで治療が受けられなくなります。

症状が軽い人ならまだしも、症状が重い人は命に関わりますし、例えばがん治療中の人は、休診中は治療が受けられない…なんて事にもなりかねません。

幸い感染源が不明な感染者が少なく、今のところ感染源を追いかけられる状態のため、県や国のクラスター対策班は危機的状況との認識はないそうですが、今後感染源が不明な感染者が出た場合は福井県でも非常事態宣言が出てもおかしくありません。

非常事態宣言が出ると今以上に生活に影響が出る可能性が高いので、そうならないためにも、一人一人の予防が重要です。

下は厚生労働省が作成したコロナウイルス対策の動画「やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること」です。

↓は正しい手洗いの方法を紹介した動画です。

福井県は4/19までの期間、不要不急の外出を自粛するように要請しています。

現在、濃厚接触者の感染・発症が相次いでいるので、コロナウイルスはすぐ身近に迫ってきています。

会社が、病院が、いつものスーパーが、銀行が、保育園が、児童クラブが感染者・濃厚接触者が出た事で丸ごと閉鎖とならない様に気を付けたいですね。

集客はコロナで一変!これからはWebへ

ふくい情報かわら版では世界シェア30%超のワードプレスを利用して情報提供をさせていただいております。
ふくい情報かわら版の管理人の奈菜世様からの依頼で管理と運営を担当するさなぎ堂では今まで培った経験を基にサイト作成からサイトリニューアルまでをご提供しています。

【さなぎ堂】のさなぎの意味は蝶をイメージして名付けています。
完全に変化する完全変態の虫で蛹(さなぎ)となってガラッと姿を変えるシンデレラタイプの虫で、サイトで言えば今あるサイトの情報を整理して作り変えることで検索順位とGoogleMapsなどのSEOに効果があり閲覧者がアクションを起こすサイトに変化します。

口コミは対面からスマホへ

さなぎ堂の経験ではインターネットの台頭によりこのように世の中が変化していることを日々実感させられています。

  • 「口コミ」の主流は人からスマホへ
  • 「調べる」は「聞く」から「検索」へ
  • 「調べる」はスマホが主流。だからサイトが必須

この時代についていくためのサイトの準備はさなぎ堂にお任せください。

集客はプロ。でも価格は1/2。
SEOに自信ありますのでサイト集客はプロです。
でも夫婦2人で運営していますのでコストは法人に比べれば1/2(50%OFF)で提供可能です。

そのような理由でサイト作成とサイトリニューアルの料金設定もさせていただいていますのでまずはお問い合わせお願いします。
サイトの無料相談も予約専用サイトを用意してありますのでお気軽にご連絡ください。

Webサイトのチカラで一緒に厳しい時代を乗り切る!

さなぎ堂さなぎ堂店主はこんな人


行動はココからスタート
今すぐ問い合わせる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA